ホーム

        

記事一覧

        

「ノーヘル」です

日本だと違反ですが、タイだとヘルメットの着用義務はないのかも。この写真は、タイの古都チェンマイの中心部。奥のレンガの壁は城壁の跡です。タイでは老若男女問わず、バイク文化が根付いています。日本で言うママチャリ文化と似ていて、学生もお年寄りも、みんな気軽にバイク移動。バイクタクシーを利用するときも、ヘルメット着けたり着けなかったり。ただ、やっぱりヘルメットは着けたほうが安心ですね。ちなみに、当たり前で...

続きを読む

パパイヤのサラダ

ティダ・イーサーンというバンコクにあるレストラン。北部地方のイサーン料理というタイ料理を中心としたお店。外国人も多く訪れる店内。日本人も数組見かけました。清潔感と温もりのあるお店。料理はリーズナブルですが、どれもおいしかったです。これがパパイヤのサラダ。シャキシャキした歯ざわりが楽しい一品。ビールにも合いますよ。抵抗があるかもしれませんができれば、タイビールは氷を入れたタイ流の飲み方で飲むと、より...

続きを読む

バンコクの交通マナー

歩道橋からパチリ。クラクションが鳴り、タイの皆さんは、ちょっと「やんちゃ」な運転です。写真でも、車が乱れています。いくつか海外の国を訪れましたが、やはり日本は運転マナーがいいですね。タイを訪れる方は、あくまで車優先なので注意して下さい。日本の感覚で横断歩道を渡ろうとするとクラクション鳴らされます。ちなみに日本は歩行者優先。この違いはとても大きいと個人的に感じます。【4枚セット】 95 GASSOHOL (ブラッ...

続きを読む

バンコクの「お寿司」

こちらは屋台で寿司を売っているお店。日本の江戸前寿司も元々は屋台の立ち喰いという話を聞いたことがあります。日本とは少し違う寿司ネタも多いです。ただ、まだタイの屋台寿司はデビューしていません。何せ、酷暑の中での屋台寿司は少し勇気がいるので・・。ちなみに、屋台ではまだ「あたった」ことはないので、経験としては、タイの屋台は思ったよりも大丈夫みたいです。【送料無料 45×45cm 対応】 タイシルク クッションカバ...

続きを読む

ピックアップ トラックに萌える

タイの場合、ニーズがあり、生活に溶け込んでいるピックアップトラック。日本で言うとハイエースやキャラバンのなどの商用ワンボックスのような位置づけでしょうか。単純に大きくてアメ車のようにワイルド。とてもカッコイイです。【5枚セット】 DISEL & タイ文字 (レッド & ゴールド) アジアン ステッカー お得.../泰国屋¥価格不明Amazon.co.jp...

続きを読む

泰国屋公式ブログ / welcome












「楽天市場でタイでも珍しい本場の雑貨をお買い物できます」


「Tポイントが使えるヤフーストア店」


「泰国屋の直営ネットショップ。タイのYoutube動画などもあり賑やか」


「ツイッターフォロー歓迎です。主にタイ関係のニュースなどをフォローしています」


「タイ人の皆様のいいね!が7割以上を占めているというタイランドなページです」


「LINEスタンプ販売中。当店キャラ「タイぞう」スタンプなど国内外問わずたまに売れています」




「タイでも見たことない珍しいステッカー。自分用、ばら撒き用お土産としても人気」



にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

ブログランキング

タイ雑貨ネット通販泰国屋(たいこくや)本店ホームページ




「タイでも見たことない珍しいステッカー。自分用、ばら撒き用お土産としても人気」


「楽天市場でタイでも珍しい本場の雑貨をお買い物できます」


「Tポイントが使えるヤフーストア店」


「いつものアマゾンで気軽にタイ雑貨」


「泰国屋の直営ネットショップ。タイのYoutube動画などもあり賑やか」



プロフィール

泰国屋(たいこくや) 店主

管理人:泰国屋(たいこくや) 店主
タイ雑貨通販の泰国屋(たいこくや)です。

タイ雑貨web通販(楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾン、本店)
にてタイのアイテムを取扱販売しております。

SNS(ツイッター、facebook、アメブロ)なども発信中

当ブログでは
タイ王国(バンコク・チェンマイ等)出張旅行時の写真、
ショップ情報やセール情報。
タイフェスティバルのブログ記事などを配信しています。

オリジナルLINEスタンプも販売中。

日本とタイとの架け橋となるように
タイ出張旅行、タイフェスティバルなどの記事を
写真付きで特に力を入れております。
料理の写真やお寺のブログ、写真なども。

特にタイ関係のブログ記事
チェックしてみて下さると嬉しいです。

ありがとうございます!

【泰国屋公式ブログ】





全記事表示リンク